県立療育施設Gさま:MA-3000 カメラ12台+フォースプレート2枚

ケース7:県立療育施設Gさま(導入構成:MA-3000 カメラ12台+フォースプレート2枚)

ご検討時の課題

インフォームド・コンセントを重視する対象施設では、治療方法をより理解してもらための評価機器が求められていた。また、適切な評価のために論文掲載のレポート機能を実装する必要があった。

課題への解決策

MA-3000の導入により、定量的かつ視覚的でわかりやすいインフォームド・コンセントが可能となった。また、必須要件であったレポート機能を追加費用なしで実装した。

 

【本事例における計測機器の配置図】

 

製品の採用理由

療育施設ということで、主に子どもの患者様を受け入れており、手術などの治療にあたり、ご両親に対して十分なインフォームド・コンセントが求められました。
そのため、動作分析装置を活用して過去の治療実績や根拠などを提示し、その治療による術後の改善可能性を可視化しました。
その際に必要となるレポート機能について、追加での実装が求められていました。アニマでは医療の普及にはこうした機能が必須であると考え、追加での実装を無償で対応したことが評価され採用に至りました。

導入後による成果

今回の導入で実装されたレポート機能により、医師の言葉による説明だけでなく、定量的、視覚的な情報が提供できるようになりました。先天的な疾患に対する、アキレス腱を伸ばす手術、骨を一部切って短くする手術をおこなう場合など、イメージがつきづら
かった術式などを可視化できたことで、患者様のご両親に対する安心感や理解度を高めるインフォームド・コンセントが実現しました。


掲載日
カテゴリ
三次元フォースプレートシリーズ, 三次元動作分析システムシリーズ, 使用事例
タグ

関連記事

国立大学病院Cさま:導入構成:MA-3000 カメラ12台

ケース3:国立大学病院Cさま(導入構成:MA-3000 カメラ12台) ご検討時の課題 これまで旧型のMA-2000をご導入頂いていたが、定量的な計測が困難とされる、手部のデータを新たに計測したいとい …

私立大学病院Aさま:導入構成:MA-3000 カメラ3台

ケース1:私立大学病院Aさま(導入構成:MA-3000 カメラ3台) ご検討時の課題 導入予定のスペースが狭小な部屋となるため、一般的な三次元動作分析装置だと計測用のカメラが設置できず、計測場所を再検 …

一般病院Eさま:導入構成:MA-3000 カメラ6台+ウォークWay

ケース5:一般病院Eさま (導入構成:MA-3000 カメラ6台+ウォークWay) ご検討時の課題 動作分析装置による積極的な臨床の現場での利用を予定しており、「短時間でのデータ計測」、「評価までの時 …

国立大学病院Bさま:導入構成:MA-3000 カメラ12台 + FP(MG-100)2台

ケース2:国立大学病院Bさま(導入構成:MA-3000 カメラ12台 + FP(MG-100)2台) ご検討時の課題 足部の計測に関する研究にともない、インソールの評価をおこなう必要があった。足部に複 …

一般病院Dさま:導入構成:MA-3000 カメラ12台

ケース4:一般病院Dさま(導入構成:MA-3000 カメラ12台) ご検討時の課題 足こぎ車いすの評価のため、動作分析装置の導入をご検討。足こぎ車いすに乗車して計測する際、被験者に取り付けるマーカが隠 …

PAGE TOP