国立大学病院Cさま:導入構成:MA-3000 カメラ12台

ケース3:国立大学病院Cさま(導入構成:MA-3000 カメラ12台)

ご検討時の課題

これまで旧型のMA-2000をご導入頂いていたが、定量的な計測が困難とされる、手部のデータを新たに計測したいというご要望があがっていた。

課題への解決策

被験者の手にFRマーカ(仮想的なマーカーを取り付けるための器具)を取り付けることで、手の動作を定量的に取得する動作分析をおこなえるようになった。

【本事例における計測機器の配置図】

製品の採用理由

今回導入した病院では、手部の計測対象となるのは麻痺のある患者様が多い施設でした。
麻痺のある患者様は腕部に力を入れてしまうことで親指が身体に密着しがちで、親指関節のデータを取得するのが困難とされていました。
そのため、マーカでのデータ取得が難しく、カメラの設置個所を最適化し、身体の一部に隠れてしまう部分の計測をどのようにおこなうか、柔軟な対応を含めてご提案できたことが今回の採用につながりました。

導入による成果

これまで、手部のデータを取得するのは難易度が高く、動作分析をおこなったケースは限られ、ほとんどがストップウォッチを利用した計測にとどまっていました。
今回の導入で手部の定量的なデータ計測が可能になったことで、麻痺患者様をはじめ、手部の状況を的確に把握できるようになり、リハビリテーション工程においても新たな対応が模索できるようになりました。


掲載日
カテゴリ
三次元フォースプレートシリーズ, 三次元動作分析システムシリーズ, 使用事例
タグ

関連記事

重度の障がい者の生活を改善する、まざまな取り組みに活用されるアニマの製品

動作分析総合システムの導入事例 重度の障がい者の生活を改善する さまざまな取り組みに活用される アニマの製品 横浜市総合リハビリテーションセンター 横浜市の指定管理者として社会福祉法人横浜市リハビリテ …

県立療育施設Gさま:MA-3000 カメラ12台+フォースプレート2枚

ケース7:県立療育施設Gさま(導入構成:MA-3000 カメラ12台+フォースプレート2枚) ご検討時の課題 インフォームド・コンセントを重視する対象施設では、治療方法をより理解してもらための評価機器 …

私立大学病院Aさま:導入構成:MA-3000 カメラ3台

ケース1:私立大学病院Aさま(導入構成:MA-3000 カメラ3台) ご検討時の課題 導入予定のスペースが狭小な部屋となるため、一般的な三次元動作分析装置だと計測用のカメラが設置できず、計測場所を再検 …

一般病院Eさま:導入構成:MA-3000 カメラ6台+ウォークWay

ケース5:一般病院Eさま (導入構成:MA-3000 カメラ6台+ウォークWay) ご検討時の課題 動作分析装置による積極的な臨床の現場での利用を予定しており、「短時間でのデータ計測」、「評価までの時 …

私立大学病院Fさま:MA-3000 カメラ8台+フォースプレート2枚

ケース6:私立大学病院Fさま(導入構成:MA-3000 カメラ8台+フォースプレート2枚) ご検討時の課題 旧型のMA-2000をご導入頂いていたが、データの計測や評価に時間がかかることで、臨床現場に …

PAGE TOP