「 お知らせ 」 一覧

第2回:わかる重心動揺検査重-検査の手順-

重心動揺検査時の手順と注意事項についてご紹介いたします。 測定条件:関根および閉眼にて、開閉足60秒間の直立における重心動揺を記録します。 ■正確な検査を行うための環境と注意事項 ①検査は静かな、明る …

第1回:わかる重心動揺検査-検査の概要-

ヒトは知らず知らずのうちに身体のバランスを保っています。その身体のバランスの保持の状態を客観的に表現したモノが重心動揺です。ヒトの重心保持機能は、様々な心理的・精神的負荷に影響され、容易に変動すること …

2015年の展示会情報を更新しました

下記の展示会へ出展および協賛を予定しております。 ご来場の際は、お気軽にブースへお立ち寄りください。 共催の講演につきましてもぜひご参加ください。 展示会・講演についてのお問い合わせはこちらよりお願い …

筋力値はどのように臨床に生かせるか-今あらためてミュータスによる筋力評価を-

超高齢化社会を迎える今、あらめて下肢筋力測定(評価)の意義について考えてみます。 下肢筋力の低下は歩行障害や転倒の大きな危険因子となります。 日本医療機能評価機構の調べによると、2013年に報告を受け …

no image

パーソナル μTas F-100 製造終了のお知らせ

2014/12/01   -お知らせ

日頃からご愛顧を頂いております弊社製品「μTas F-100」ですが、本製品に使用している電子部品が生産中止となり、誠に勝手ながらこの度製造を終了させて頂きます。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご …

12月の展示会情報更新しました

下記の展示会へ出展いたします。 ご来場の際は、お気軽にブースへお立ち寄りください。 展示会・講演についてのお問い合わせはこちらよりお願いいたします。   学会名 場所 日時  第11回神経理 …

シート式下肢加重計 ウォークWay MW-1000の特注例

あらゆる歩行、あらゆる動作を計測するために600(mm)角センサーを16枚敷き 詰めた大型ウォークWayを初めて開発しました。 ■特徴 ・計測エリアを広くとれるので、神経疾患系などの不規則な歩行に対応 …

GP-6000の新しい機能をご紹介します

下肢荷重計ツイングラビコーダGP-6000の新しい機能をご紹介いたします。 ・クロステスト ・カラーカメラとの同期することで、計測中の動画を保存できます(オプション)  クロステスト クロステストは独 …

11月の展示会情報更新しました

下記の展示会へ出展および協賛いたします。 ご来場の際は、お気軽にブースへお立ち寄りください。 共催の講演につきましてもぜひご参加ください。 展示会・講演についてのお問い合わせはこちらからお願いいたしま …

NEW ワイヤレス接続 グラビコーダ GW-31

臨床で使える動作解析システム【ローカス3D】

最小限の手間で、診断や治療に必要なデータが得られます。ベッドサイドや訓練室の片隅など、 ちょっとしたスペースがあれば、短時間で動作の計測が簡単にできます。得られたデータも、 自動で出力されるので、臨床 …

PAGE TOP