関連記事

■■2012年12月にアーク出版より発刊された「最先端医療機器がよくわかる本―何が検査できるどんな治療に使われる」に重心動揺計が掲載されました。

シート式下肢加重計 ウォークWay MW-1000の特注例

あらゆる歩行、あらゆる動作を計測するために600(mm)角センサーを16枚敷き 詰めた大型ウォークWayを初めて開発しました。 ■特徴 ・計測エリアを広くとれるので、神経疾患系などの不規則な歩行に対応 …

産学連携企画セミナー:臨床での歩行分析の活用(第50回理学療法学術大会)

    第50回理学療法学術大会 演 題 名 : 臨床での歩行分析の活用 座  長  : 石橋 敏郎 先生        &nbs …

第2回:わかる重心動揺検査重-検査の手順-

重心動揺検査時の手順と注意事項についてご紹介いたします。 測定条件:関根および閉眼にて、開閉足60秒間の直立における重心動揺を記録します。 ■正確な検査を行うための環境と注意事項 ①検査は静かな、明る …

ランチョンセミナー:第52回リハビリテーション医学会学術集会

演 題 名 : 動作分析装置をリハビリテーション診療に生かすコツ 座  長  : 長谷 公隆 先生         &n …

PAGE TOP