ランチョンセミナー:第52回リハビリテーション医学会学術集会

演 題 名 : 動作分析装置をリハビリテーション診療に生かすコツ

座  長  : 長谷 公隆 先生

                    関西医科大学付属枚方病院 整形外科学講座・リハビリテーション科診療教授

演  者  : 和田 太 先生

                    産業医科大学医学部 リハビリテーション医学講座 准教授

セ ミナー  :  ランチョンセミナー8

日   程 :  2015年5月29日(金)

時   間  :  12:40 ~ 13:40

会   場  :  第3会場 ( 朱鷺メッセ 4階 「国際会議室」 )


掲載日
カテゴリ
お知らせ, イベント情報
タグ
ランチョンセミナー, リハビリテーション医学会, 第52回リハビリテーション医学会学術集会

関連記事

no image

「第81回 日本循環器学会学術集会」へ機器展示および敎育デモンストレーションへ協力いたします

第81回 日本循環器学会学術集会 会場:ホテル日航金沢 日時:2017年3月17日(金)~19日(日)

脳神経外科分野での導入事例(重心動揺計グラビコーダ)を公開しました

下記をクリックして導入事例をご覧いただけます。 脳神経外科分野での導入事例(重心動揺計グラビコーダ) 石澤敦クリニック様 石澤敦先生

第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会へ機器展示および、セミナー協催いたします。

第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会へ機器展示および、セミナー協催いたします。 ■学会詳細 日時:2016年3月26日~27日 会場:岡山コンベンションセンター 出展機器:呼気ガス分析装置 パ …

第1回:わかる重心動揺検査-検査の概要-

ヒトは知らず知らずのうちに身体のバランスを保っています。その身体のバランスの保持の状態を客観的に表現したモノが重心動揺です。ヒトの重心保持機能は、様々な心理的・精神的負荷に影響され、容易に変動すること …

シート式下肢加重計 ウォークWay MW-1000の特注例

あらゆる歩行、あらゆる動作を計測するために600(mm)角センサーを16枚敷き 詰めた大型ウォークWayを初めて開発しました。 ■特徴 ・計測エリアを広くとれるので、神経疾患系などの不規則な歩行に対応 …

PAGE TOP