重心動揺計の新しいパワーベクトル検査機能

重心動揺検査の、これまでの周波数解析では、高い周波数帯域のパワー変化を捉えることができませんでした。

それを新しいパワーベクトル検査のMEMの健常比解析により、健常者の周波数分布との比をとることで、
1Hz以上の高周波領域の分布パターンも的確に捉えることが可能になりました。

これまでに無い当社独自の技術、世界で初めて開発したMEM解析法を用いることで、
誰にでも直感的に分かりやすい表示を可能にしました。(特許出願中)

NEWパワーベクトル検査

小脳前葉障害では約3Hzのパワー増大がDichgansら(1976)、Mauritz(1979)らによって報告されています。3Hz近傍のピークを見ると、小脳障害の特徴についてより高い確率で検出できます。また、前庭系疾患の多くに1.5Hz未満の最大ピークと、低周波増大傾向が見られます。

 

 

【参考文献】
1.)Agressologie 1976 , 17C:15-24.
   Postural sway in normals and atactic patients: analysis of the stabilizingand destabilizing effects of vision. 
(Dichgans J, Mauritz KH, Allum JH, et al)

2.)Brain : a Journal of Neurology.1979,102:461-482.

   Quantitative analysis of stance in late cortical cerebellar atrophy of the anterior lobe and other forms of cerebellar ataxia. 
(Mauritz KH, Dichgans J, Hufschmidt A)

3.)Electroencephalography and Clinical Neurophysiology Volume 57, Issue 2,

February 1984, Pages 134-142.
   Quantification of postural sway in normals and patients with cerebellar diseases.
(H.C Diener, J Dichgans, M Bacher, B Gompf )

 

重心動揺計 グラビコーダ GP-31のページはこちら

重心動揺計 グラビコーダ GP-5000のページこちら

 


掲載日
カテゴリ
お知らせ
タグ
NEWパワーベクトル検査, 重心動揺

関連記事

能動義手の計測風景

共同研究成果報告:三次元動作分析装置を用いた、四肢の動きの定量的評価の研究(東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 / アニマ株式会社)

共同研究成果報告 三次元動作分析装置を用いた、四肢の動きの定量的評価の研究 東京大学医学部附属病院のリハビリテーション部とアニマ株式会社にて平成29 年より「三次元動作分析装置を用いた、四肢の動きの定 …

no image

2020年度、最新の総合カタログが完成しました。

2020年度、最新の総合カタログが完成しました。 医療評価機器専門メーカーとして、今年もお客様のお役に立てる内容、 製品情報を掲載した一冊となっています。 人が「立つ」「歩く」「動作」、そして「呼吸」 …

no image

等尺計測ベルト(G-9616)の仕様変更について

平素は格別のご愛顧を賜りありがとうございます。 さて、表記の件につきまして、等尺計測ベルト(G-9616)の仕様変更のお知らせです。 記 弊社製品ミュータスの等尺計測ベルト(G-9616)について、従 …

no image

新製品のご案内 μTas F-2

平素よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。 筋力計μTasの新製品を「μTas F-2」販売開始いたします。 カタログは下記画像をクリック頂きますとご覧いただけます。 製品ページについては、ただいま …

no image

年末年始休業のご案内

お客様 各位 拝啓 貴社ますますご隆盛のことお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り有難うございます。 平素より大変お世話になっております。 さて、弊社では下記の期間中、年末年始休業(冬季休業) …