NHK放送:シリーズ認知症革命で、ウォークWayがメディア掲載されました

NHKスペシャル :シリーズ認知症革命「ついにわかった!予防への道」でウォークWayの計測風景が放送されました。

アニマのシート式下肢加重計「ウォークWay MW-1000」は、シート上を歩くだけで、歩く速さ・体重のかけ方・歩く距離などデータが得られ、簡単に動作分析が行えるので、お客様から非常にご好評いただいております。

―――――――[NHKスペシャル シリーズ認知症革命 第1回より抜粋]――――――

進歩が目覚ましい「認知症予防」の最前線で注目するのは、“MCI”(軽度認知障害)と呼ばれる認知症の一歩手前の段階です。最近の研究で、MCIの段階で発見して対策すれば、認知症への進行を食い止め、予防できる可能性が明らかになってきたのです。

重要なことは、自分や家族がMCIかどうかをいち早く見極めること。その鍵の一つは、意外にも「歩き方」にありました。認知機能に影響が現れるよりも前に、歩行動作にMCIのサインが現れるというのです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3

4

20151114メディア掲載_

 

ウォークWayの特徴とは?

 

歩行評価がカンタンに

シートを歩くだけで勘弁に計測することが可能なので、高齢者の運動・歩行機能評価、転倒予防の介入計測などに最適です。

また脳卒中やパーキンソン病などの歩行評価および介入効果の検討にも用いられています。

補装具による改善効果を、歩幅、立脚時間などの変化から判断することができます。

 

「歩行の見える化」でモチベーションアップ

歩行分析を知らない患者様にも、自身の歩行状態を足跡画像によって見ていただけるので、視覚的に改善したことが分かりやすく、モチベーションも上がり、治療・訓練への自発的取り組みを喚起できます。

ウォークWay 計測画面

(計測画面)

 シート4枚つなぎ合わせるだけでサッと計測

持ち運びが楽で、シンプルな操作画面で取り扱いもカンタン。4枚のシートをつなぎ合わせるだけで設置できて、シートの上を歩くだけで測ることができます。また杖歩行も可能です。

ウォークWay 機器構成

(機器構成)

最大9.6mのシートで幅広い活用シーン

大型ウォークWayでは、最大シート16枚、全長約9.6mと計測エリアを広くとれるので、神経疾患系などの不規則な歩行も計測が可能です。またシート枚数の組み合わせによりバリエーションは多彩にあり、活用の幅はグンと広がります。

ウォークWay 16枚 シート枚数
大型ウォークWay(シート16枚)

■シートサイズによる活用場面

・ 2 × 8枚 千鳥足歩行、めまいのように蛇行する歩行、松葉杖歩行など

・ 2 × 4枚 松葉杖歩行、スクエアステップ訓練の効果確認

・ 1 × 5枚 コンパクトかつ多くのストライド

・ 1×16枚 10m歩行の加速期、減速期

※標準品のシート4枚に、1枚を追加することも可能です。(オプション)

 

info製品に関する詳細、価格等については、上のお問い合わせフォームよりお問合せ下さい。

 

 


掲載日
カテゴリ
お知らせ, メディア
タグ
歩行分析, 認知症

関連記事

メディカルフィットネスでの呼気ガス分析の活用場面 (医療法第42条施設)

メディカルフィットネスとは 高齢化が急速に進み「超高齢社会」を迎えるなかで、様々な疾病の予防を行うことを目的とした運動型施設(メディカルフィットネス)が、医療法42条にもとづいて全国で運営されています …

no image

ウォークWay MW-1000の製品ページをリニューアルしました

■シート式下肢加重計 ウォークWay MW-1000 製品ページはこちらをクリック下さい。

no image

第13回日本臨床医療福祉学会へ機器展示いたします

第13回日本臨床医療福祉学会へ機器展示いたします。 ご参加の際は、ぜひ当社ブースへお越しください。

日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会へ機器展示協賛いたします

第42回総会/第211回学術講演会・講習会 日時:京王プラザホテル 南館 会場:2016年6月18日(土)

脳神経外科分野での導入事例(重心動揺計グラビコーダ)を公開しました

下記をクリックして導入事例をご覧いただけます。 脳神経外科分野での導入事例(重心動揺計グラビコーダ) 石澤敦クリニック様 石澤敦先生

PAGE TOP