製品情報
バランス訓練装置シリーズ

バランスコーダ BW-31

製品紹介 バランスコーダ BW-31

座る、立つ、歩くのトレーニングでバランス機能の向上

バランスコーダ BW-31は2枚のプレートを使い、立位・歩行時における左右足の荷重バランスを訓練・評価します。

 

BW-31の特長

  • トータルバランスの訓練・評価
  • クロステストの健常者データと比較
  • 左右(患足・健足)別に下肢荷重を把握
  • 転倒予防の指針策定に
  • ワイヤレス接続
  • タッチパネル方式
  • 豊富な重心バランス訓練メニュー
  • コードレスで持ち運び自在
  • シンプルな訓練画面で操作は簡単

トータルバランスの訓練・評価 (オプション)

重心動揺検査と9軸センサーを組み合わせて計測できるようになりました。手順はセンサーをサッと取りつけて、プレートにのるだけと簡単です。からだの揺れと体幹の動きを同時計測し、評価することができます。

トータルバランスの訓練・評価 バランスコーダ BW-6000

クロステストの健常者データと比較

下肢別の前後左右のバランスを計測したデータを、年齢別の健常範囲と比較・評価が可能です。

健常者とのクロスデータ比較

荷重バランス訓練

荷重バランス訓練 バランスコーダ BW-31

適応症例

脳血管障害(脳卒中)、頭部外傷、脊髄損傷、関節リウマチ、脳性麻痺、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋ジストロフィー、変形性膝関節症、変形性股関節症、膝外傷

訓練項目

・荷重バランス訓練  ・足踏み訓練  ・重心バランス訓練  ・追従性訓練

検査項目

・下肢加重検査(立位)  ・下肢加重検査(足踏)  ・クロステスト(重心可動域検査)・重心動揺検査

オプション:・BTT(ボディトラッキングテスト)  ・座位検査

画面サンプル

画面サンプル バランスコーダ BW-31

使用例

立位検査と9軸センサーを組み合わせ、からだの揺れと体幹の動きを同時計測し、評価することができます。下肢別の前後左右のバランスを計測したデータを、年齢別の健常範囲と比較・評価が可能です。

※仕様は予告無しに変更されることがございますので何卒ご容赦下さい。

安全に関するご注意
○ご使用の際は、取扱説明書をよくお読みのうえ正しくお使いください。
○安全に訓練が行えるスペースを確保ください。
○転倒の恐れがある方やからだが不自由な方がご使用される場合は、手すりを設置したり介助者の付き添いのもとにお使いください。

PAGE TOP