三次元動作分析装置 7つの事例に見る、利用方法と導入成果

アニマ株式会社

三次元動作分析装置
7つの事例に見る、利用方法と導入成果

3次元動作分析装置資料

使用事例の概要

臨床の現場で使用する際の三次元動作分析装置は、機器を選定する上で、簡単かつ現場に合わせたシステムとして使えることを重要視されることが多いかと思います。

今回は、その三次元動作分析装置に関して弊社の最新情報を、7つの事例を資料にまとめてみました。

ぜひ三次元動作分析装置をご検討の際には、ご確認ください。


目次

  • 三次元動作分析装置とは?
  • ローカス3Dの特徴とは?
  • ケース1:狭いスペースで計測用カメラが固定できない場所で動作分析は行うには?
  • ケース2:足部に複数のマーカーを取り付け動作分析の精度を確保するには?
  • ケース3:麻痺患者様の手部の定量的なデータ計測は可能にするには?
  • ケース4:車いすの旋回時、カメラの死角にマーカーがきても動作を捉えるには?
  • ケース5:短時間でデータ計測・評価までを行うのは可能か?
  • ケース6:動作分析の計測時に、麻痺患者様の負担を極力抑えれるか?
  • ケース7:インフォームドコンセント時に術前術後の可視化の為、希望のレポート表示は可能か?
  • 参考情報-1-海外紙論文への投稿
  • 参考情報-2-国内紙論文への投稿




下記へ必要な情報をご入力ください
ご施設名 *

部署名 *

ご氏名 *

役職名

メールアドレス(半角) *

当社からのメール配信(新製品情報、導入事例など) *


ご入力頂く個人情報は、アニマ株式会社(当社)の規定に従い、厳重に管理致したします。当社のプライバシーポリシーに同意の上、「資料をダウンロードする」ボタンをクリックして下さい。

アニマ株式会社 東京都調布市下石原3-65-1
TEL: 042-487-6111 | お問合せ | プライバシーポリシー
Copyright©アニマ株式会社2018All Rights Reserved.

PAGE TOP